地球環境に優しい企業を目指す為に出来る事は?

企業と地球の関係

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

地球環境に優しい企業を目指すには?

生態系に悪影響を及ぼすプラスチック汚染は深刻な問題です。世界で今、プラスチックフリーな社会を目指した取り組みが広がっています。 3Rの優先順位は?我々は最適な手段を選んでいるのでしょうか。リサイクルにかかるエネルギーやコストを見直してみましょう。 続きを読む

プラスチック汚染と企業にできること

企業にとっての地球環境問題とは何でしょうか。
それは地球の未来そして、資源や経済といった企業の事業そのものにも大きく関わる課題です。
環境保護への取り組みは、決して他者の為の慈善事業というだけではないのです。
国際的にも環境管理の推進が求められている現代において、CSR(企業の社会的責任)の一つとしても環境対策はたいへん重要な役割を担っています。
多くの企業が環境負荷を低減したり改善するための取り組みを行っていますが、とりわけ産業界の環境保全への取り組みは重要でしょう。
製造業、建設業、物流業界や電力会社、印刷業界などは、大気汚染物質の排出抑制や除去をはじめ、様々な環境改善に向けた自主的で積極的な活動を継続する必要があります。
その為には定期的な見直しをし、時代に合った技術を開発したり導入するなど、対策をアップデートしていくことも重要でしょう。
もちろんその他の業界においても、それぞれに合った活動を続けていくことが、より良い環境保全に繋がっていきます。公害の防止、省エネ、植林や生物の保護など、一口に環境保全と言っても多岐にわたりますが、そのような環境対策は、すべての企業が果たすべき役割だといえます。
ここ数年、グリーンエコノミー(環境にやさしい経済)というワードを耳にします。
つまり未来の世代に受け継がれるべきは、今よりも改善した自然環境と、その中で社会正義と持続可能性を両立させた経済システムだということです。
それを叶える地球の将来は、企業にかかっていると言っても過言ではありません。グリーンエコノミーの実現に向けリーダーシップを発揮することこそが、地球環境にやさしい企業を目指すということではないでしょうか。

バッテリーの再生利用と二酸化炭素の排出抑制

様々な業界で再生バッテリーの利用が導入されつつあります。再生バッテリーがもたらす環境への影響はどのようなものでしょうか。 そして多くの企業が取り組んでいる植林活動は、重要な環境対策のひとつです。森林の再生を担う植林について知っておきたいことです。

続きを読む

環境保護活動を継続していくために

エコ商品が消費者に受け入れられやすい昨今。環境に配慮していることは、社会にとって重要なポイントでもあります。 ですがトレンドや企業の社会的責任、それ以前に、企業活動と環境対策は切っても切れない関係なのです。 環境対策を継続していくことが、企業活動を継続していくためには不可欠です。

続きを読む